爪水虫の飲み薬・塗り薬

爪水虫の治療は、副作用が怖い飲み薬(内服薬)は避け塗り薬(外用薬)の市販薬で

爪水虫治療の気になる副作用

爪水虫の治療でネックとなるのが、内服薬による副作用の危険でしょう。

一般的に爪水虫は、内服薬でなければ治療は困難とされており、尚且つ、約半年から一年という長期に渡る、薬の服用・通院が必要と言われています。

爪水虫に対して処方される薬には肝機能障害など、重篤な副作用が表れることもあるということが認められており、中には副作用のせいで服用が続けられない人、他の薬との飲み合わせにより服用を諦めなければならない人などがいます。

まだ幼いお子さんや、妊娠を計画しているもしくは妊娠中であるなどの理由から服用を勧められない場合もあると聞きますから、仕方がないとは言え、爪水虫の治療は人を選ぶことも多々あるようです。

しかし、飲み薬でなければ治療は困難と言われていながら、人によっては治療を諦めなくてはならないというのではなんだか納得がいきません。

内服薬を服用出来ない人は外用薬(塗り薬)を処方されることもあるようですが、爪の中には浸透しにくい分やはり効き目が薄く、完治は難しいようです。爪をやすりで削り、薬を塗ってラップなどで密封するなどの工夫をしてもやはりあまり芳しくない。爪を傷つけ続けることにも抵抗があるということもあります。

では治療を諦めろというのか、1年も2年も放っておけというのか、大人になるまで我慢しろというのか、という方のために、ここでは爪水虫専用の治療薬「Dr.Gsクリアネイル」という外用薬をご紹介したいと思います。

 爪の下まで浸透する市販薬「Dr.Gsクリアネイル」
 クリアネイルの治療で気をつけたいこと
 もっと早く爪水虫を完治させるチモールリキッド

爪水虫菌対策 お買い得ダブルセット
Dr.G'sクリアネイル